STAFF

スタッフ

頼れるお姉さんとして慕われている、笑顔が素敵な女性エンジニア

名前   : 中岡 円

勤続年数 : 6年目

 

 

経歴

IT業界 9年目

 

アフロに入社した経緯

もともと基盤システムに携わっていたのですが、上流工程の仕事をしたいと思っていた時に

この会社と出会いました。当時は基盤部門が立ち上がったばかりでもあり、

多くの経験が出来ると思い入社しました。

 

今どんな仕事をやっているのか

オープンソースソフトウェア(OSS)製品群のリリース前検証の業務でOSをはじめ、

各製品のバージョンアップに伴う、影響有無の検証作業がメインになります。

OSのインストールから各製品を導入した検証環境を構築後、

検証項目を実施する作業を1~2ヶ月かけてやっています。

 

任される裁量の大きさ

経歴は9年目ですが、現場の方々からするとまだまだ若手の方なので、

対応できるものがあれば導入だけ任されることが多いです。

仕事をしていると初めて聞く言葉なども出てきますが、自分なりに調べて

それでも分からなかったら有識者に聞いたりと、相談しながら進めています。

また、リリースに向けての検証業務なので、期間が決まっていて自分の力量を見ながら

日々の進捗スケジュールを決めたりしています。

必ずしも専門的な知識が必要というより、「コミュニケーション力」や「計画性」

が重要なのかなと思います。

 

仕事のやりがいと難しさ

基盤システムは、開発の様な自分が作ったものが目に見えない業務がほとんどで、

人に説明するのもとても難しいです。

ただ、皆さんが日々何気なく使ってるICカードやATMといったしシステムの元となる土台を

作っていて、いわば「縁の下の力持ち」的な仕事です。

中には自分も使っているようなシステムにも携ったこともあります。

すぐに成果が見えないものでも、一歩外に出ると、自分が携ったシステムが

世の中にたくさんあるということが自分のやりがいになっています。

それは長くやればやる程感じます。

 

アフロの魅力

自分の力量とこの先身に着けたいスキルにあった仕事ができると思います。

私の場合、受託案件とは違い常駐がメインとなる案件が多いのため、携るプロジェクトや

システム情報は営業さん頼りになることがほとんどです。

本来は営業さんが持ってくる案件と私達エンジニアの経歴書をマッチングして決めていますが、

経歴書の文面だけの判断ではなく、これまでの経験から対応可能な業務、この先身に着けたい

スキルについてを直接話をした上で案件が決まるので、無理なく参画することができます。

 

応募者へのメッセージ

男性が多い業界なので女性がもっと欲しいです。(笑)

理系の印象が強いと思われますが、働いてみて感じるのは「コミュニケーション力」

「物事を段取りよく進める力」があれば男女関係なく働ける業界だと思います。

むしろ女性の方が向いているのかなと思ってしまうくらいです。

足りない知識は詳しい先輩やインターネットからいくらでも補えるものなので、「専門知識が

ない」とか「文系だったから」などで諦めるのではなく、興味がある方はチャレンジできる業界

だと思います。

 

1日の過ごし方

・  8:45  出社→毎朝8:50に朝礼があるので、余裕を持って出社しています。

・  9:50   Todo/メールチェック→土日で安定試験をしていたので、試験が問題なく終わっているか、

ログ確認をしています。

・11:45   お昼→自席で食べています、たまに職場の方々と外に食べにも行きます。

・13:00   内部進捗会→週次でお客様に報告の前に内部で認識合わせをしています。

・14:00   環境構築、検証作業→検証1つに1ヶ月程かけて行い、ログの確認、

マニュアル修正をメインでやっています。

・19:00   帰宅→業務スケジュールは自分で決められるので、だいたいこの時間に退社しています。

SEは残業が多いと思われがちですが、私はプライベートの時間を確保できています。

 

新たな進化を求め、営業の道を進む元プロサッカー選手

名前   : 藤崎 武馬

勤続年数 : 1年未満

 

 

経歴

プロサッカー 6年

物流業界 4年

 

アフロに入社した経緯

もともとはサッカー一筋で生きてきました。

引退後は物流関係の仕事をしていたのですが、

自分の視野を広げるため、そしてチャレンジしてみたいという想いを抱き、

IT業界、そして営業と未経験ながら思い切って飛び込みました。

 

今どんな仕事をやっているのか

営業としてお客様からの案件に対する要員、技術者の調整をやっています。

新規協業先のお客様へ会社概要を説明、情報交換をして要員の調達するのが今の仕事です。

 

任される裁量の大きさ

まだまだ未熟者ですが、ひとつひとつの仕事で会社全体のイメージを担っているという

責任を感じながら日々取り組んでおります。

 

仕事のやりがいと難しさ

IT業界は、業界用語や専門知識が初心者にとっては呪文みたいに聞こえます。(笑)

まだ日が浅く、分からないことだらけで、先輩方に聞いたり、調べたりしています。

社内外の会話の中で少しでも分かる用語が飛び交い、話が通じ合うと小さな幸せを感じます。

 

アフロの魅力

頼りがいのある先輩方がいて、社内の雰囲気はバッチリです。

当たり前のようにお取引させて頂いているお客様も、

今までの先輩方によって築き上げられたものです。

そういった意味でも、土台がしっかりしているのでミスを恐れず働くことができます。

 

応募者へのメッセージ

何事にもまずは興味から。

少しずつでも前に進めるようにチャレンジできる環境は整っています。

日々進化し続けるIT業界。共に進化していきましょう。

 

1日の過ごし方

・  9:30   出社→メールのチェックをします。

・10:00   提案→協業先へ案件の提案をします。

・12:00   昼食→職場の方々と外へ食べに行きます。

・13:00   営業会議→各営業状況の報告をします。

・16:00   情報交換→協業先のお客様が来訪し、会社説明、情報交換をします。

・17:30   個人作業→一日の整理、翌日の準備等をします。

・18:00   退社→一日がスケジュール通りに進めば、この時間に終わります。

プライベートの時間を大切にしています。

 

エンジニアのエースでアフロを技術力で支えている、必要不可欠な存在

名前   : 川島 賢一

勤続年数 : 10年目

 

 

経歴

IT業界 29年目

 

アフロに入社した経緯

元々は知人の紹介でした。

これからの繁栄に期待して入社しました。

 

今どんな仕事をやっているのか

注力して進めているのは、新しいプロダクトの「スマート・タクシーメーター」です。

開発リーダーを務めています。

私の担当は、端末側のAndroidとサーバ側の両方になります。

その他の業務として、顧客に納品したシステムの保守と営業案件の技術サポートを行っています。

 

任される裁量の大きさ

新規システムのミドルウエア周辺は、すべて任されています。

 

仕事のやりがいと難しさ

常に勉強が必要だと思います。

この業界の技術は日々進歩しているため、そのキャッチアップが必要です。

新たなプログラミング言語や技術を使用して開発することもありますが、すんなり出来る事は

まずないですね。

調べながら一歩ずつ進めてゴールに辿り着く、その道程がやりがいでもあり難しいところです。

ゲームに例えると、どうしてもクリアできないステージが、敵や他キャラの動きを覚えたり試行

錯誤してやっとクリアできたときの様な感じです。(笑)

ゴールまでの苦労とゴールできた時の喜びは何物にも代えがたいものがあります。

 

アフロの魅力

自由なところです。

色々と煩い事はあまり言われないですね。

 

応募者へのメッセージ

上記で技術は日々進歩していると書きましたが、新しいことにチャレンジしたい、スキルを磨きたいと

思う方はぜひ応募してみて欲しい。

新たな扉が待っている・・・かもしれない。

 

1日の過ごし方

・  9:30   出社 メールチェック&情報収集

・10:30   開発、保守作業、ミーティングなどなど

・12:00   昼食&昼休み

・13:00   開発、保守作業、ミーティングなどなど

・18:30   帰宅